「ありがとう」「ごめんなさい」が言えない新人

「ありがとう」「ごめんなさい」が言えない新人

多くの職場では、毎年4月になると新人看護師が入社してきます。
新人達を見ていると、自分もこんな時があったんだなと思い、懐かしくなります。
そして、初々しい新人さんを見ていると応援したい気分にもなります。
私の職場では、新人看護師が入ってくる時期になると、プリセプターにつく看護師がいるので、
人手が少なくなる為忙しくなります。
私もプリセプターの経験がありますが、プリセプターをする事によって、初心に戻る事ができますし、
自分にとっても勉強になっています。
指導される側はもちろん大変ですが、指導する側にも大変な事が沢山あります。

新人看護師にも色々な方がいますが、困ってしまうのは社会人としてのマナーができていない方です。
例えば、ありがとう、ごめんなさい、すみませんなど、常識的な事が言えない方がいます。
挨拶にしても、新人からしてくるのが当然だと思うのですが、こちらから挨拶をしない限り、
何も言って来ない方もいます。

人に何かしてもらった時や、困った時に助けてもらった時など、お礼を言うのは当然です。
それに、失敗をしたり迷惑をかけた場合は、謝るのが当然です。
プリセプターの私達は、そこから指導しなくてはいけないのでしょうか?
時々悩んでしまう事があります。

社会人としてのマナーができていない新人看護師は、他のスタッフとのチームワークを乱してしまいます。
看護師の仕事は、みんなで協力して、チームワークが必要ですから、マナーが出来ていない看護師がいては、
人間関係のトラブルに繋がる可能性もあります。
プリセプターとして、一生懸命に指導しても、ありがとうございますという感謝の気持ちがないと、
何だか指導する気力もなくなってしまいます。

2016年7月 9日|