夜勤専従看護師の給料はどのくらい?

夜勤専従看護師の給料はどのくらい?

しかし、これが地方だったり介護系だったりすると、給料が安くなる傾向にあるみたいで、2万7千円から4万円ほどになると考えられます。

一般的に給料が高いところは激務でハードワークを強いられてしまうというようなイメージを持たれることが多いと思うのですが、給料が高い病院の場合は、スタッフ不足に悩んでいて給料を高くせざるを得ないというような職場が多いと考えられます。

やはり看護師のお仕事をするなら、給料の高いところを選びたいものですが、仮眠や休憩を取ることができたり、人間関係の良い職場もあるので、一概に給料が高いということだけで職場を選ぶことはできないと思います。

人によっては、職場の人間関係が悪かっても、仮眠や休憩を取ることができなくても、給料さえ高ければ働くというような方もいらっしゃるみたいですので、これは個人差もありますし、人それぞれだと思います。

しかし、夜勤をする場合は人間関係が良好な職場の方が変にストレスを溜め込むこともないですし、長時間嫌な人と過ごすこともなくなるのでかなり良いと思います。

給料アップを目指して転職をしたい

私は現在の職場に勤務して5年ほどになります。

とても働きやすい職場で、最初は3年勤めたら地元に帰ろうかと考えていたのですが、その後も働く事にしました。

人間関係良好、残業なし、休日多い、年休消化率ほぼ100%。

働くには良い環境なのですが、1つだけ大きなネックがあります。

それは給料がとても安いと言う事です。

休みが多かったり、残業がほとんどなかったり、夜勤の回数が少なかったりと、給料が安くても仕方がない環境ではありますが・・・。

高給な職場はハードな勤務のイメージが強いですからね。

給料を取るか働きやすい環境を取るかを良く考える必要がありますね。

現在の職場は働くにはもってこいの恵まれた環境なのですが、もうちょっと給料が高い職場に移りたいのが本音です。

でも、今以上に働きやすい職場が見つかるかどうか不安も大きいのです。

現在の職場は、もともと基本給が安いので、当然ボーナスも安くなります。

基本給が安いとボーナスもですが退職金も安くなってしまいますから長い目で見ると大きな損です。

手当は高いけど基本給が安いと言う職場は長い目で見るとデメリットが大きな職場と言えます。

働きやすい職場と給料が高い職場はイコールでない事が多い。

どちらを取るのか?何を優先させるのか?事前にしっかりと考えて転職活動をしたいと思います。

2015年6月19日|